厭世百合日記

百合コンテンツについて更新していきます

厭世百合日記

『きんいろモザイクと英語レッスン』 きんモザファンなら絶対に欲しくなる一冊!

今回は、いつものようにあるコンテンツの作品そのもののレビューとは打って変わって、いわゆる『○○で学ぶ英語』シリーズについて。

あの人気作品『きんいろモザイク(きんモザ)』からも発売されていました。

最近結構個人的にきらら系の作品にハマっておりまして(絶対ごちうさの映画の影響)、前から好きだったきんモザの原作をAmazon経由で揃えてみました。

すると、ネットショッピングでおなじみの「関連商品リスト」なるもので見つけたのがこの『きんいろモザイクと英語レッスン』だったんですよね。

この手のコンテンツって結構「作っときゃ売れるだろ」的な考えで作られているものだと私は思っており、あんまり期待してなかったんですが、さあ読んでみるとこれが意外と面白かったのです。

 というわけで今回は『きんいろモザイクと英語レッスン』について色々書いてみようと思います。

構成

まず気になるのは、一体どういう感じで書かれているのかってことですよね。

本の構成自体はシンプルで、きんモザ(1期)の作中で出てきたセリフが英訳されて登場して、その英文が、しの達5人の会話を通して解説されていくといったものです。

ここで出てくる英文法は実に様々ですが、例えば状況を表す形容詞であったり、「I call A B」といった構文だったり、中学や高校で見たことのある英語がほとんどです。

難易度としてはそんなに難しくはありません。

 劇中のカット絵も多めに掲載されており、TVアニメを思い出しながら楽しく読めます。

さらに、至る所に載っているコラムにも注目です。

こちらは本編から離れて、英語の言い回しやイギリスの文化・習慣などの豆知識が紹介されています。

Amazonの商品ページに中身の画像が一部掲載されているのでぜひご覧ください。

→ 「きんいろモザイク」と英語レッスン

みどころ

やっぱりメインキャラクター達5人の進行が面白い。

結局のところ、私たちきんモザファンってキャラ同士の掛け合いと言うものが見たいんですよ!

この本も、きんモザ本編での5人のキャラクターというものが基本的には引き継がれています。

例えば、しのはちょっと天然であるとか、あややはしっかり真面目な女の子であるとか。

もちろん、進行役の中心は英語圏出身のアリスとカレンです。

しのが一生懸命2人の話を聞いて自分なりに応用してみようと奮闘するところなんかは健気で面白いですね。(結果は伴ってないですけど・・・)

陽子の的確なツッコミも本書では健在。

そういうふうにキャラが活きているという意味では、なんだかきんモザの番外編を読んでいる気分になります。

でも、中学高校で真面目に勉強していなかった私にとっては「えー、そうなんだ~!」ってなる知識も多いですね、不本意ながら・・・。

あと地味に読んでて面白いのがコラムの欄。

「アメリカ英語とイギリス英語の違い」や「イギリスの年末年始」など、イギリスの習慣に関するものが主ですが、「2人が読んでいる絵本はコレ!」といった、きんモザ本編に関する豆知識だったり「エアメールの出し方って?」なんていうのだったり、結構充実してるんですよね。

英語のレッスンと共に読み進めたいコンテンツです。

面白いコーナー

主にきんモザ本編に沿ってレッスンが進められていますが、中にはそこから派生していろんな語句が学べることも。

中でも私がめっちゃ面白いって思ったのが「ツンデレに話せる英文テンプレート集」なる欄。

あややのツンデレなセリフから派生したコーナーで、普通の英語の参考書では絶対に学べないツンデレ英語をここでは知ることが出来る!

例えば、「どっ、どっちでもいいわよ!(I don't mind either way!)」や「べ、別に・・・なわけじゃないんだからねっ!(It's not that S V)」など。

他にも色々あるので気になる人は是非お手にとってみてはいかがでしょう。

・・・別に、あんたが読みたければでいいのよっ!読みたければねっ!!

まとめ

というわけで、きんモザ好きなら間違いなく楽しめます、ええ。

ちまたには色んな『○○で学ぶ英語』的な本が転がってますけど、きんモザの場合は作品自体のテーマとマッチングすることも多くて、テンポよく読み進めることが出来ましたね。

やっぱり「英語の参考書」として、というよりは「きんモザの番外編」と割り切って読んだほうが良いと思います。

そのほうが楽しめると思いますし。

・・・なによ。べ、別にあんたのためになんかアドバイスしてないんだからね!

というわけで『あややと学ぶツンデレ英語』『きんいろモザイクと英語レッスン』でした!

 

・・・あたしがわざわざ時間をとって紹介してあげたんだから・・・か、感謝しなさいよねっ!!