厭世百合日記

百合コンテンツについて更新していきます

厭世百合日記

本の収納スペースに困ったので試しに電子書籍を使ってみた

大好きな百合マンガを集めることが何よりの生き甲斐である私ですが、最近困ったことがあります。

それは、マンガがもう本棚に入り切らなくなってきているという事件。

 

現在の我が家の本棚事情がこちら↓

f:id:tomotrain:20180130105426j:plain

手前と奥に百合やストパン関連の漫画や小説がひっきりなしに詰まっていて、新しく買った『やが君』や『吸血鬼ちゃん』が収まらない始末です。

しかもこれはまだ自宅にある分だけ。

友人に貸しているマンガなどを合わせるともう本当に溢れてきそう・・・。

 

じゃあ捨てるか?

 

いやいや、今まで集めてきたコレクションは大切な財産です。

ふと読みたくなったときにいつでも読み返せるように取っておきたいもの。

それに漫画が全巻整然と背表紙を並べている姿は絵になりますし。

というわけで整理もできない、かと言ってこれからも本は増えていくだろうし、どうしましょう。

そんなときに思いついたのが電子書籍という選択肢でした。

 

電子書籍のいいところ

今の時代、電車の中なんか見てると意外と利用している人が多い電子書籍。

そんなに便利なものなんでしょうか?

この機会に、改めて電子書籍の利点を調べてまとめてみました。

スペースを取らない!

f:id:tomotrain:20180130124111j:plain

まあ、まず惹かれるポイントですよね。

実際私だって本の収納スペースで悩んでいるわけですし。

電子書籍では、漫画や小説がすべてデータとして管理できるのでもう収納に困ることや紛失する心配もありません。

電子書籍の一番の魅力ではないでしょうか。

買ってすぐに読める!

f:id:tomotrain:20180130141023j:plain

これも地味に嬉しいポイント。

書店で買うときにはいいんですけど、例えばネット通販で本を買った時、届くまでの時間が待ち遠しくて仕方ない。

電子書籍なら購入したその瞬間から早速読むことが出来ます。

本を選んだときのワクワク感をそのままに作品の世界に入れるのです。

汚れない!

f:id:tomotrain:20180130141319j:plain

「大切にしていた本にコーヒーをこぼしてしまってガン萎え・・・」

「雨に降られてバッグに入れていた本がグチョグチョ」

そんな経験ありませんか?

本に限らず、きれいに使っていたものがふとした拍子に台無しになってしまうことはよくあることです。

紙はデリケートですから、扱いには気をつけたいところ。

でも電子書籍ならそんなことに神経を使わなくても大丈夫。

今日から快適なブックライフをスタートしましょう。

 

紙へのこだわり

しかし、そもそも私は電子書籍に対してあまりいいイメージを持っていませんでした。

と言うのも、今まで私が好んで紙媒体の小説や漫画を買い漁っていたのは次のようなこだわりがあったからです。

集める楽しさ

f:id:tomotrain:20180130113337j:plain

わざわざ書店や通販で紙媒体の本を購入する大きな理由の一つが集めるのが楽しいことにあると思うんですよね。

冒頭にも書きましたが、漫画が1巻からズラーッと本棚に整列しているのを見るのが嬉しいんです。

もはやこれが見たいがために続編が欲しくなるといっても過言ではありません。

そして背表紙の違う漫画たちが一つの空間にひしめき合うその姿はまさに絵になり、自分だけの本棚となるのです。

そんなわけで、この「集める楽しさ」だけはたとえ電子書籍になろうが絶対に譲れません。

友人との貸し借り

f:id:tomotrain:20180130114144j:plain

漫画や本が紙媒体であることのもう一つの楽しみは、友人との貸し借りではないでしょうか。

「この漫画めちゃくちゃおもしろかったから貸してやるよ」

「お、だったら俺のこのコミックもおすすめだぜ」

といったやり取りも紙媒体だからこそできること。

また、趣味が合いそうな人と本を貸し借りすることで仲良くなる・・・なんてことも。

一種のコミュニケーションにも使えます。

こういった関係も大切にしていきたいものです。

 

おすすめ電子書店

さて、私のそんなこだわりは残したまま、試しにある電子書店サイトに登録したところ、これが想像以上に使える!

それが「eBookJapan」という電子書店です。

eBookJapan

電子書籍の利点を最大限に活用でき、なおかつ私のこだわりにも応えてくれた、おすすめのサイトです!

使ってよかったと思うところ

スマホやタブレットで見られる!

f:id:tomotrain:20180130122545j:plain

電子書籍と言えばAmazonが提供しているKindleという特殊な端末が思い浮かびますが、「eBookJapan」の電子書籍を読むのにそんな特別なものは必要ありません。

今使っているスマホやタブレット、そしてPCでいつでもどこでも読むことが出来るんです。

紙媒体では本を購入するだけで簡単に読むことが出来たために、電子書籍に移行して無駄な出費が発生するのは避けたいところ。

今使っている端末で手軽に読むことが出来るので、出費は据え置きで電子書籍へと移行できます。

 
マジで品揃えがいい!

驚いたのはその品揃えの良さ。

他の電子書店って扱ってない商品が結構多いんですよね。

ニッチなジャンルを好む人にとってはこれが辛い。

例えば、私の好きな百合系の漫画も他の電子書店ではほとんど扱ってないんですよ。

せっかく電子書店のサイトに登録しても商品がないんじゃしょうがない・・・。

でも「eBookJapan」にはめちゃくちゃたくさんの書籍が揃ってます。

読みたい本がすぐ見つかるし、もちろん品切れの心配もない。

ここぞというときに頼りになりますね。

もちろん、百合系のコミックも多数並んでいました!

f:id:tomotrain:20180130145750j:plain

最初に入れてみたのは、缶乃さんの『あの娘にキスと白百合を』

百合系ではその他に『やがて君になる』や『エクレア』など数多く扱われています。

このようなニッチなジャンルにまで手を伸ばしてくれるのはファンとしてもうれしいですよね。

 

読みたいタイミングですぐ出せる!

「あー、なんか急にあの作品また読みたくなったな・・・」

外出先などでふとそう思う瞬間ってありませんか?

マンガなんかだと、街なかでキャラクターのポスターを見かけたりなんかすると特に読み返したくなる!

でもそういった時って当然ながらその本を持ち合わせていないわけで・・・。

「eBookJapan」はさっきも言ったとおり、スマホで手軽に読むことが出来るので、ふとした拍子に読みたくなってもいつでもどこでも作品の世界に戻ってくることが出来ます。

 

私のこだわりにも応えてくれた!

さて、そんないいことずくめの電子書店ですが、なんと私が紙媒体に求めていた要素もしっかりと取り入れてくれていました。

そちらもご紹介します。

背表紙を並べられる機能

私が紙媒体に求めていた一番のものは、揃えることの楽しさでした。

数々の背表紙を棚に整列させた時の一種の達成感や満足感はやっぱり格別です。

しかし、なんと「eBookJapan」でもそれが味わえることがわかりました!

f:id:tomotrain:20180130200032j:plain

試しに購入した『あの娘にキスと白百合を』が左にちょこんと立てかけられています。

いや~、まさか電子書籍でもこんな事ができるなんて!

これからまた全巻集めるのが楽しみになりますね。

これができるのは「eBookJapan」なんだとか。

友達との貸し借りは・・・?

f:id:tomotrain:20180130201705j:plain

さて、もう一つのこだわりだった「友達との貸し借り」ですが、さすがに電子書籍という性質上実現は難しいですね・・・。

でもその性質を前向きに捉えるとこうは考えられませんか?

「友達とその作品のお気に入りのシーンをすぐに共有できる!」

確かに物理的な貸し借りはできなくなるかもしれませんが、そこを電子書籍の長所でカバー。

特にマンガなんかに有効な方法で、その作品の話題になったらスマホでページを映して、「このシーンとかいいよね!」と会話を広げるとよりいっそう盛り上がるに違いありません。

こんな楽しみ方も現代っぽくて良くないですか?

 

まとめ

というわけで電子書籍、思ったより使い勝手がいいし楽しめそうです。

「やっぱ本は紙だろ~」って思っている人にこそ使って欲しいツールです。

というわけで電子書籍の利点をまとめると、

  1. スペースを取らない
  2. 買ってすぐ読める
  3. 汚れない

さらに、電子書店「eBookJapan」で電子書籍を利用するメリットとしては、

  1. スマホやタブレットで見られる
  2. 品揃えが豊富
  3. 読みたいタイミングですぐ出せる

さああなたも電子書籍ライフはじめてみませんか?

「eBookJapan」の登録はこちらから!

eBookJapan

無料で立ち読みもできるでぜひアクセスしてみては?

それでは~。