厭世百合日記

百合コンテンツについて更新していきます

厭世百合日記

【おすすめ百合作品】とどのつまりの有頂天

台風がうるさくて眠れないので、また新しく読んだ作品の紹介記事でも書こうかと・・・。

また高田馬場の芳林堂書店の百合コーナーで新しく百合漫画を購入した。

タイトルは『とどのつまりの有頂天』という。

タイトルや表紙からして賑やかそうな雰囲気を感じるが、本当にそのとおりだった。

底なしの楽しさの中に、ちゃんと百合的な描写も見られるので結構おすすめしたい一冊。

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

放課後はいつも1人・・・友達ゼロの美古都。

そんな彼女が気になる、人気者のクールな蓮。

2人だけの静かな時間は破天荒4人組に壊されて・・・!?

 1巻裏表紙より

 

ぶっ飛び具合が最高

あらすじだけ見ると美古都という主人公と、蓮という子がメインで残りの4人がおまけポジなのかなと思うけど、実際はそんなことなかった。

あとから乱入してくる4人が場をひっちゃかめっちゃかにかき乱して、2人がそれには半ば巻き込まれていく、そんな構図。

まーこの騒ぎようがぶっ飛んでいて、セリフから行動まですべてがパワフルでオーバーすぎる。

だいたいこの4人のキャラがトチ狂ってて、まずいっつも馬鹿騒ぎしていがみ合っている2人

そしてめちゃくちゃ可愛らしいルックスなのに言動に頭のおかしさが目立つ子と、それにつきまとう明太子

面白くないわけがない。

絵からセリフまで、キャラたちの(馬鹿な)情熱がこれでもかというくらいに伝わってきて、思わずこちらも熱くなってしまうほど。(そしてケタケタ笑ってしまう)

コメディという観点で見たら、本当にまんまる一冊笑って楽しめる。

好きな人はとことん好きになれる作品だと思う。

私は好きだけど。

『将来的に死んでくれ』などにも言えるけど、百合作品って読んでていろいろ考えたり、ちょっと暗い展開になりがちだから、たまに全部笑いで吹き飛ばせるようなものを読みたくなるんだよね。

 

さらっと入れてくる描写

さもコメディに全振りされた作品のように紹介してきたが、それだけでは終わらない。

あらすじにも書いてあるとおり、主人公の美古都とクールポジの蓮は結構互いに惹かれているところがあるだけに、コメディの合間にちょっといい雰囲気のシーンもちゃんと用意されている。

起きてすぐ美古都さんの顔が見られるのっていいなあって・・・

2人+乱入4人組という時点でまあ・・・って感じだけど、やっぱ組み合わせが多いね!

確かに作中の9割くらいは馬鹿げたギャグシーンなんだけど、1割の百合描写が案外いいアクセントになっている。(それでも直前までとの気持ちの切り替えが追いつかないけど)

そして、相手を想うしおらしい女の子を本当に可愛らしく描くんだわこの作者。

もう、反則だ・・・。

スポンサーリンク

 

 

まとめ

と、ここまで色々書いてきたけれど、結局この手の作品というのは雰囲気を好きになれるかどうかなので、「とにかく面白い百合が読みたい!」と思っている人にはおすすめ。

ぜひ手にとって、ノリと勢いで突っ走る女の子たちのコメディをとくと楽しんでほしい。

個人的には猫崎蓮のポジションと、熊倉のキャラが好き。

いい意味で明るい百合作品で、今後が非常に楽しみだ。

 

P.S.

兎田は寝袋をかぶったほうがかわいい。