厭世百合日記

百合コンテンツについて更新していきます

【おすすめ百合作品】つれづれダイアリー 釣りと女の子という未知の組み合わせ

フィッシングに行きてええええええ、って思わせてくれる作品。

それが草野ほうき先生の『つれづれダイアリー』という漫画だ。

釣りってテーマ、意外とありそうで無いよな・・・と。

釣りが好きなら絶対楽しめるし、そうじゃなくても面白い内容だった。

釣竿と魚を囲んだ女の子たちの新鮮な日常をご賞味あれ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

高校1年の森野アリスはある日

クラスメイトの音々子を見かけ、その後ろ姿を追う。

彼女が迷い込んだのは・・・、女子高生皆無の釣り場だった!?

釣りにしか興味を示さない音々子につきそう内に、

アリスも釣りの魅力に引き込まれ・・・。

JK×フィッシングのまったりコメディ、

新たな出会いに素敵な季節の予感!

 

1巻裏表紙より

 

釣りの楽しさを余すところなく

一言で言えば釣り漫画

私自身は釣りって親戚の手ほどきを受けてほんの数回だけやったことあるけど、ガンガン釣れるときって本当に楽しい。・・・当たり前か。

竿にこう、魚が食いつたときに「ブルッ」って振動が伝わってきて、リールを引くとたくさん掛かっていたときの喜びは格別だ。

『つれづれダイアリー』ではそんな釣りをやったことのある人なら一度は味わったことのある「楽しさ」を余すところなく描いている。

小さな魚たちを一網打尽に釣り上げるシーンも、大きな魚を豪快に釣り上げる場面も、とにかく読んでいて心地よい

それに、私は小魚しか釣ったことないけど、「大きな魚ってこうやって釣り上げるんだー」とか「タコって釣れるのか・・・。」とか、本当にに新しい発見の連続。

あと、釣りって一箇所でジッとしているだけかと思いきや、あちこちに走り回ったり、時には直接海につかってみたり、案外アクティブな趣味なんだなって思った。

でも・・・

今度こそ釣ろうと試行錯誤できるのも釣りの楽しさなんだと思います

 

橘音々子

こうやって釣りの楽しさと、知ると面白い知識がこれでもかとふんだんに描かれているから、「私も釣りに挑戦したい!」って思わせてくれる。

そう、タコって釣れるんだよ!(2回目)

 

釣ったあとは・・・

食いたい!!(直球)

と、立派に食い意地を張っちゃったけど、やっぱ釣った魚って食べてなんぼでしょ!

昔叔父とアジを釣りに行ったときも、南蛮漬けにしてもらって美味しく頂いたし。

そして一尾だけシマシマの魚が混じってて「あーそういやこいつも釣ったなー」なんて考えて・・・。

ってな感じで、やっぱ釣った魚を食べるのもまた楽しい。

そしてなんと『つれづれダイアリー』では釣った魚を使ったレシピも豊富に紹介されている。

セイゴのカルパッチョに、マゴチのちり鍋、そしてタコの燻製・・・。

『新米姉妹のふたりごはん』が好きな人にはたまらないだろう。

やっぱくいもんって正義なんやなって。

鮮度の良い国産タコは数も少ないので・・・

中々食べる機会がないです

そんな贅沢品を食べられるのも釣りの楽しみの一つですね

 

橘音々子

釣ったタコって美味しいらしいよ!!

 

「釣り」を通じた関係

いわゆる百合分は薄めだけど、釣りという共通の話題を通して主人公の森野アリスと橘音々子の関係も所々で描かれている。

というか面白いのはこの二人、釣りとか魚とか以外での関わりがゼロ。

というより、橘さんは釣り場で会っても翌日学校で話しかけても顔すら覚えていないっていう徹底ぶり。

それでも釣りのことになると普段はぶっきらぼうな橘さんもいつになく情熱的になって。

渋々ながらも主人公にいろいろ手ほどきしちゃうんだよなあ。

釣った魚で朝ごはん作ってくれたり!

主人公が釣り初心者、つまり我々の視点や価値観を持って描かれているのに対して、橘さんはそんな私達に色々教えてくれる・・・つまるところ、師匠?

そんな二人の師弟関係を・・・ってそれじゃあ百合とは言わないのか??

わからん

まあでも物語が進むに連れて主人公の成長と、橘さんのデレが見られるのでこれはこれでいい、かも。

 

まとめ

釣りの奥深い世界に楽しみながらお邪魔できる、いい作品。

こういうテーマ性のある作品って読むと絶対影響されちゃうんだよなー。

釣り人としてデビューする日も近い・・・なんて。

魚触れないから無理だな。

それに釣りだけじゃなくて、魚全般に関する知識も深まるから面白い。

釣りに挑戦とまでは行かなくても、魚を捌いてみたり、調理してみたくはなるはず。

というわけで、『つれづれダイアリー』おすすめです。

 

スポンサーリンク