サブカルチャーと百合紳士

サブカルコンテンツを幅広く発信していくブログです。

サブカルチャーと百合紳士

【おすすめ百合漫画】スポーツ×女の子の傑作!野球に打ち込む少女たちの物語『球詠』

女の子が一つのことにひたむきになる姿はいいな!!!!

百合漫画のテーマはまさに千差万別で、本ブログでも、釣り、軍隊、和楽器など色んなテーマの百合を取り上げてきましたが、やっぱりスポーツものって他には無いアツさキャラの繋がりの強さが存分に描かれていて好きです。

今回紹介するのもそんなスポーツ百合モノの漫画『球詠』という作品。

野球を通じた9人の女の子たちの友情を味わえるのでおすすめです。

 

 

あらすじ

中学時代、1回戦負け野球部の投手だった武田詠深。

捕手が捕れないため、投げることが出来なかった「魔球」への後悔を抱えたまま、野球部が停部中の新越谷高校に進学する。

そこで詠深が再会したのは、幼なじみの山崎珠姫。

捕手として力をつけていた珠姫は、詠深の全力投球を受け止めることが出来て・・・!?

幼い頃に誓った約束を果たし、めぐり逢ったバッテリーは、一度は立ち止まった「球道」を再び歩みはじめる!

 

1巻帯より

楽しむことと強くなること

これはスポーツものの宿命というか、結構読者層がはっきり分かれるような作品の舵取りとなるのが、ガチで汗水流して上を目指すのか、それとも仲間と仲良く楽しくやることを目的とするのかという選択です。

この点について、我々読み手としてははっきりとしてほしいところですが、本作品ではしっかりそれについて言及されています。

私・・・最初はね

ヨミちゃんとなら勝ち負けとか関係なく楽しくやれればいいかなって思ってたんだよね

もし人数が集まらなかったらキャッチボールをするだけの部でもいいと思ってた

山崎珠姫

最初はヨミちゃん(主人公・武田詠深)とタマちゃん(山崎珠姫)から始まる野球ですが、先輩や新入部員たちと交わるにつれ、いつのまにか「全国」を視野に入れた、スケールの大きな部へとなっていきます。

そんな中でヨミちゃんやタマちゃんが、「自分はどうしたいのか?」を考え前に進んでいく描写がみどころ。

真剣だけどどこか温かさを感じる女の子たちの青春をぜひご堪能あれ!

幼馴染の絡み

王道だけど、王道だけど!!

幼馴染の百合ってめちゃくちゃ尊いなってひしひしと感じてしまう。

しかもこの二人がバッテリーを組むなんて!

これは私が大好きな「友達以上恋人未満」の関係が拝めるチャンス。

でももし硬球でも投げられたら

おとなになっても一緒に野球しようか

小さい頃の約束が果たされる展開なんてめちゃくちゃ盛り上がらないですか?

高校で偶然再会した二人だけど、その後も色んなメンバーが入って来て、あんまり二人で話す時間が確保できなくなってしまいます。

でもそんな中でもやっぱり互いを思い合っているんですよね。

それがわかるシーンが描かれているのがすごく嬉しいです。

だいだい、上の項のセリフ「人数が集まらなかったらキャッチボールをするだけでいい」ってこれ告白ですよ!告白!!

そういうセリフが自然にこぼれちゃう関係って最高に尊い。

細かい野球描写

『球詠』は野球を知らない人でももちろん楽しめますが、野球の知識があると思わず「おお!」ってなるシーンもたくさんあります。

打ち上げちゃった でも

犠牲フライには十分!

藤田菫

このようにちょっと応用的な戦術や、例えばフライを取るときに意識することだったり、デッドボールの後のピッチャーの心境など、野球経験者なら思わずうなずいてしまうような描写も。

野球にあんまり詳しくない人もこれを機にちょっと野球の知識を深めるチャンスかも知れませんよ!

ちなみに

これは表紙をみて思ったんですが、「野球のユニフォームの短パンって見慣れないな」って。

私が入っていた少年野球では男女関係なく長ズボンだった気がするんです。

気になって調べてみたら、これってソフトボールのユニフォームっぽいんですよね。

でもなんかたしかにこっちのほうが女の子らしさが出ていいかも・・・。

まとめ

主人公がすごい球を持つ投手で、ふとした拍子に出会った捕手がその球を難なく受け止めてしまう・・・。

この展開ってよく考えたら『バッテリー』と似ているなって。

やっぱりスポーツものって主人公が何らかの才能を持っている方が盛り上がるのかもしれませんね。

でも野球は一人ではできません。

主人公一人ではカバーしきれないところを周りがどう支えていくのか。

主人公は仲間の思いにどう応えていくのか。

このあたりもチームスポーツものを面白くしていくポイントです。

いや~、それらを加味しても『球詠』は面白い。

小学校時代を野球に捧げた自分としても共感できるところなんかもあって楽しく読むことが出来ました。

まあとにかくヨミちゃんとタマちゃんの二人の関係を見ているだけでも満足できるはず。

ぜひお試しください。

以上、『球詠』の紹介でした。